ホットヨガは女性におすすめ

快適な日常生活を送る為にあらゆる場所で温度管理をしている現代では汗をかくような機会は減ってきているのではないでしょうか。
適度な汗をかくような運動をする事はダイエットに効果があるだけではなくストレスを解消して、精神面でも健康を維持する事が期待できるのです。
その為に最近では運動を意識する方が増えていますが、効果的な運動の仕方を知らない方や運動そのものが長続きしない方も少なくないはずです。
ホットヨガは専門のトレーナーが、より効果的な運動の仕方をわかりやすく指導していきます。
ヨガも有名になりましたがホットヨガは汗をかきやすい環境を作りながらヨガのレッスンを重ねていくので、更に良い汗を流す事ができます。
もちろん水分補給を行いながらレッスンをしますから、脱水症状に陥る事もありません。
また、どなたにも続けられるようなレッスン内容となっていますので運動が苦手な方でもチャレンジしやすくなっているのです。
プロの指導の元で行うレッスンは1人で行う運動よりもやりがいを感じる方が多いという事もあり長く続ける事ができます。
その為に体調も改善されやすく、健康的な身体や心を維持できるのです。
興味がある方には体験レッスンもおすすめです。

身体を柔らかく、そして骨盤の歪みを解消するホットヨガ

ヨガは、体が柔らかい人がするものだと思っていませんか?もちろん、身体が硬いとポーズが取りにくい事もありますが、ホットヨガの場合始めから身体が柔らかくなくても良いんです。
ホットヨガは室温を上げてポーズを取るのですが、それには理由があります。
それは筋肉を柔らかくするためで、ホットヨガの適温とされている39度前後の温度は筋肉が最も柔らかくなる温度と言われています。
ですからハードな動きをしても体を痛める心配がなく、身体が硬い人でもスムーズに動きやすいのがホットヨガの特徴です。久しぶりに運動して、筋肉などを傷める場合がありますが、その点でも安心して行えます。
また、背骨や骨盤の歪みで腰痛や猫背に悩んでいる方にも効果を表します。
ヨガのポーズで、普段使わない関節や筋肉に柔軟性を与えるので、歪みを取り除き正しい姿勢を保てる身体に作り変えます。もともとヨガは身体の歪みを整える目的でポーズを取るため、
骨格の歪みを改善します。特にホットヨガは、背骨や骨盤が歪んでいて身体が動かしにくいと感じたりする人にとっては、適温で身体を柔らかくしながらポーズを行うので普段身体を使わない方ほど向いています。
身体の声に耳を澄ませながらホットヨガをすると本来の自分の姿にどんどん近づいてきます。

大阪のホットヨガスタジオに週2回半年間続けています!

ホットヨガの初心者がレッスンスタジオに通う頻度として、理想的なのは週2回程度です。
幾ら忙しい社会人であっても、1か月に1回程度の通学ペースだと、さすがにダイエットや美容に効果的な筋力を作るのに相当な時間が掛かってしまいます。
またホットヨガで引き締まった体型を目指すには、最低3か月は継続してエクササイズする事も必要です。
ちなみに、私はホットヨガスタジオ大阪で週に2回程通っており、半年間続けています。かなり引き締まった体型になりましたよ!
ヨガをスタートして1か月は、ホットヨガの簡単なポーズで身体の歪みを徐々に矯正し、硬い身体を柔軟にしたりと、体質改善を図る目的に大きな時間が割かれます。
そして2か月目にもなれば、筋肉が程良く付き始め、脂肪も燃焼されやすい体質に変わってくるので、初めて体重に変化の兆しが見えてきます。
更に3か月目頃からは、余分な脂肪がそぎ落とされてきて、且つ綺麗な筋肉が形成されてくる頃でもあるので、見た目の体型がグッと引き締まってくるようになり、モデルのように均整の取れたスタイルになれるのも夢ではありません。
ホットヨガは、高温多湿の環境で無理なく筋肉を動かすエクササイズなので、1週間に何回通っても基本的に身体に負担がかかりにくいのもメリットです。
しかし、スタジオの室内は常に40度前後を保ち、湿度も60%近くになるので、慣れないうちは水分不足で頭痛を起こしたり脱水を起こす人も稀にいます。
そんな時は無理して続けない事が第一で、最終的には自身の体質とよく相談して、ヨガに通う回数を決めるのが一番賢い方法です。

東京のオススメホットヨガスタジオランキング

昨年の秋にホットヨガの体験をしてから、その魅力にはまりかれこれ半年。
これまで自分の理想とするホットヨガスタジオを探し求めて何件も体験の梯子をしました。
そんな私がオススメするホットヨガスタジオ東京ランキングです。

1位 LAVA
全国に店舗をもつ、ホットヨガスタジオの中でも大手のLAVA。
その魅力は、まず、プログラムの幅広さ!
リンパデトックス系から激しいダイエット系のメニューまで、私が通った中で一番充実していたと思います。さらに、店舗が多いので予約いっぱいで行けないということは稀。
1度会員になったら永久的に通えるところもいいですね。

2位 Queen fort
代官山など数店舗しかないんですが、知る人ぞ知る激安ホットヨガ。
月4回で7000円程度、しかも、手ぶらで通えちゃうんです!
なんてったって、お水やシャツ、パンツ、ズボン一色貸出してくれるんです。
わたしは勤務先が近いこともあって、今はここに通っています。
仕事帰りにふらっと手軽に通えるから便利です。

3位 OLUBIE
池袋などにあるホットヨガスタジオ。
ここは、ホットヨガスタジオのなかでも一番気温設定が高いらしいです。
そのせいか、ここのレッスンが、どこよりも、きつかった!
私はダイエット目的でやっているのでこれくらいがちょうどよかったです。

以上、東京のホットヨガスタジオランキングでした!

綺麗に痩せたい方にはホットヨガがおすすめ

綺麗に痩せたいという希望は、多くの女性にとってはごくごく自然な希望だと言えるのではないでしょうか。やはりほっそりとした綺麗な体は誰もが憧れるでしょうし、自分もどうにかそういった体を手に入れたいと考える方は多いでしょう。
そんな方には、ホットヨガによるダイエットが非常におすすめです。というのも、ホットヨガであればただ痩せるだけではなく、きちんと綺麗に痩せることができるという嬉しい効果があるのです。そもそもホットヨガでなぜ痩せるのかというと、新陳代謝が上がるため脂肪の燃焼がしやすくなり痩せます。無理な食事制限であったり、無理な運動がないので体にいい痩せ方です。
それに加えて、汗で全身の老廃物を外に出すことも可能なので、その結果健康でかつ肌も綺麗になることができるのです。これらの効果から、ホットヨガではとても綺麗に痩せることができると考えられます。
きつくてリバウンドのリスクも高いダイエットは嫌、綺麗に上手に痩せたいとお考えになる女性の方々は、是非ともこのホットヨガをお試しになってみてはいかがでしょうか。そうすればきっと望む結果を出すということができるのではないでしょうか。どうぞ参考にしてみてください。

ホットヨガをやるときの注意点

ホットヨガは通常のヨガよりも高いダイエット効果がある運動です。早くやせたくて一生懸命ホットヨガに励んでいる方もいるかもしれません。
ホットヨガは高温多湿で行うので体への負荷が大きいです。気をつけない怪我や体調不良の原因になります。ホットヨガをするときは、どんなことに気をつけるといいのでしょうか。
汗を大量にかいて服が汗を吸って重くなったり、肌に張り付いて動きにくくなります。ポーズをとったときに膝にひっかかって転倒する恐れがあります。服装は吸湿性・速乾性に優れた動きやすいものを選びましょう。キャミソールやタンクトップ、半ズボンが動きやすいです。
人間の体は60~70%が水分でできていて、わずかにでも水分が不足すると吐き気・頭痛・倦怠感・震えなどの症状がでます。ホットヨガはたくさん汗をかいて脱水症状になりやすいので、こまめに水分を補給してください。休憩時間には必ず水を飲みましょう。休憩時間以外でも喉が乾いたら水分を補給します。1Lの水を持参するとよいです。
体への負担が大きいので毎日やるのは禁物です。最初は1週間に1回ていどから初めて、慣れてきたら2,3回に増やします。体を休めることも筋力アップやダイエットには必要です。妊婦の方は体に負担がかかるので控えてください。

ホットヨガでエクササイズした時の食事の摂り方って何か規則があるの?

ホットヨガで、よりメリハリのある体質に効果的に改善するには、食事の摂り方も重要になってきます。
スクールにヨガに通う日は、少なくともエクササイズを始める2時間前には食事を済ませておく事をお勧めします。
直前まで胃の中に食事が消化されないまま残っていると、エクササイズしてる時に身体が思うように動かず、体調不良になる原因にもなります。
また、ホットヨガが終わった後に摂取する食事のタイミングにも気を配るのは必須です。
身体を動かした直後は、消耗した体力を早く元の状態に戻そうと、体内で不要なカロリーまで吸収しようとする作用が強力です。
その為、精がつくコレステロールの多い食事をエクササイズ直後にドカ食いしてしまうと、それだけ脂肪に換えてしまう確率が高いです。
なるべくホットヨガの後は1~2時間の間隔を空けて食事を摂取するようにし、良質の筋肉を生成できるようにタンパク質中心のおかずを中心に献立を立てましょう。
ちなみに満足に自炊が出来ない場合は、タンパク質が纏めて摂取できるプロテインドリンクを補助食品として導入するのもいいです。
そしてカロリー消費が落ちる夜の食事は、なるべく米や麺類などの炭水化物は控えめにし、脂肪より筋肉率を高められるように赤身肉やビタミン野菜などを偏らないように摂取する心掛けを忘れないようにしましょう。